ルネカントン海水療法2

ルネ カントン Rene Quinton 1867-1925

彼は1907年、初めてのクリニックをオープンしてから、血液の濃度まで薄めた海水を病人に
輸血し、1910年までにフランス国内で約70もの
クリニックを開け、50万人以上の命を救
った。
当時流行っていたコレラ、チフス、リンパ腫など様々な病気に海水注入療法を用い、病気
の赤ちゃんや子供を持つ母親達からはもちろん、フランスの著名人の間でも
尊敬の眼差しで見ら
れるようになった。

Wikipediaから消された医師:近代医学は、パスツールを称賛し、
カントンを黙殺した。 「その理由は」「ただの海水で、病気が治っては儲からない」 からである。

ルネ・カントン 衝撃の愛犬実験

100年間歴史から消されかけたルネ・カントン

体重5Kgの愛犬の血液を抜き取り、90分かけて血液ミネラル濃度に希釈した海水3.5リットルを注入。

⓵犬は腹部がふくれ、グッタリして体温も下がり、
腎臓排泄機能も弱まり生命活動が低下していった。

 


⓶注入が終わると「すぐに体温が上がり」
「生理作用は回復」した。

 

 


⓷実験5日後にはすっかり回復し、元気を取り戻し、体重も元に戻った、
しかも赤血球も白血球も復元されていた。

 

人間、動物の驚くべき自然治癒力・免疫力

犬の血液を輸血した訳ではありません。海水を希釈して注入しただけです。

結論 海水によって、細胞生命は完全な状態で生きる事をカントンは証明したのである。
◎「もっとも過敏な細胞の一つである白血球を、体内で血液と入れ替えた海水中でも生かしうる。」ということを証明したのである。
◎これらは、「海水が、血液の代替になる」ことの証明である。 そこで結論は、海水こそ、生命を生かす源で
ある」ということである。

(引用 ルネカントンの歴史より)
wiki ルネカントン
リンク元
you tube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください